JACからのお知らせ

指導者講習会、兵庫で開催

2018-10-01

 

指導者講習会兵庫で開催

キャンプを伝える人「公認オートキャンプインストラクタ-」になるための資格認定講習会。キャンパーの方はもちろん、キャンプ場やアウトドアショップのスタッフの方など、オートキャンプに関わる様々な知識を趣味や仕事に役立てたい方に向けた講習会です。1泊2日の講習会後、認定試験合格者には、日本オートキャンプ協会(JAC)より公認オートキャンプ指導者証が交付されます。この機会にオートキャンプを楽しむだけでなく、オートキャンプを伝える人になりませんか。

 

■ 開催日:2018年12月1日(土)10:00~18:00(18:00より懇親会・希望者) 12月2日(日) 9:00~15:00

 

■ 会 場:西脇市日本のへそ 日時計の丘公園オートキャンプ場

〒679-0312 兵庫県西脇市黒田庄町門柳871-14 TEL(0795)28-4851(最寄り駅:JR加古川線黒田庄駅)

 

■ 内 容:下記8つの講義の後、指導者資格認定試験を行います。(講師:大学教授、協会役員、研究者等)

○オートキャンプ概論―キャンプというレジャーはどのような時代背景で始まったか、他

○オートキャンプ指導論―指導する人に必要な心構え、他

○環境保全行動論―自然と接するレジャーを楽しむために必要な知識、他

○オートキャンプ場概論―キャンプ場の歴史や、キャンプ場に必要な要件、他

○RV論-キャンピングカーの基本的な知識と楽しみ方、他

○安全管理論―アウトドアで事故に遭わないための知恵、他

○コミュニケーションワーク―初めて会った人と心の垣根を取る方法、他

○オートキャンプ生活技術論―道具の知識と正しい使い方、他

過去の指導者講習会のレポートを下記よりご覧になれます。

 「hinata」 “正しい知識”を身に付けるならインストラクター試験を!講習会で感じた4つの気付き

 「LANTERN」日本オートキャンプ協会が主催する公認オートキャンプ指導者認定講習会に潜入取材!

 

■ 対 象: 受講資格は申請時に満年齢20歳以上であること。指導者資格認定試験の受験は日本オートキャンプ協会(JAC)の個人会員であることが条件となります。【JAC個人会員:入会金2,000円・年会費5,000円 ※JAC加盟のキャンプ場スタッフは入会金不要です】

 

■ 参加費等:受講料10,000円(講習料、テキスト代を含む)、受験・審査料1,000円、登録料

5,000円(登録に至らなかった際は返金いたします)と写真(3×2.5)が必要となります。

※宿泊希望の方=会場内ロッジ相部屋1人1泊4,000円(先着20名)を用意しております。ご希望の方は申込書の所定欄にご記入下さい。

 

■参加申込み:受講申込書に必要事項を記入の上、協会宛てにFAXまたはメールにて送付下さい。受講申込書送付後、一週間以内に下記宛てに参加費等(必要な方は参加費のほか宿泊代、JAC入会金等)をお振込みください。また指導者証に入る顔写真のデータを下記アドレスまでメールにて送付をお願いします。

 

         振込先:三井住友銀行 麹町支店 普通預金 口座番号0042273

              口座名 一般社団法人 日本オートキャンプ協会

※申込み者が最少開催人員を下回り中止になった場合は返金いたします。

※開催2週間前までにメールまたはFAXで参加詳細のご案内をお送りします。

 

■申込み締め切り:2018年10月31日(水)※定員24名、最少開催人員10名

 

■主  催   一般社団法人 日本オートキャンプ協会

問い合わせ: 〒160-0008東京都新宿区三栄町12 清重ビル2F

       TEL03-3357-2851 FAX 03-3357-2850 E-mail jac@autocamp.or.jp(担当:堺)

 

ジャパンラリー10月開催!

2018-09-04

「第48回ジャパンキャンピングラリー」開催

10月19日(金)~21日(日)

「FICCオートキャンプ世界大会」のプレ大会に

羽鳥湖畔オートキャンプ場

 

10月19日(金)~21日(日)、福島県天栄村において「第48回ジャパンキャンピングラリー」を開催します。

 今回は2019年に同じ地域で開催される「第89回FICCオートキャンプ世界大会」※のプレ大会として開催されるもので、会場は天栄村内のキャンプ場「エンゼルフォレスト那須白河」と「羽鳥湖畔オートキャンプ場」に加え、羽鳥湖高原交流促進センター広場特設キャンピングカーサイトで行われます。

 開会式や全国から集まるキャンパーが交流する「大交流パーティー」、「青空マルシェ」、キャンプ用品の展示などが行われる他、誰でも参加できる「秋の羽鳥湖高原健康ウォーク」も同時開催。

 特別企画として、来年の世界大会でも実施する「福島第一原子力発電所視察」を先行して行います。

また、地元での開催とあり、「羽鳥湖」の管理団体からはジャパンラリーを記念し羽鳥湖がデザインされたオリジナル「シェラカップ」を参加者1組に1個プレゼント。併せてジャパンラリーを記念したオリジナルダムカードも差し上げます。

 第48回ジャパンキャンピングラリー

開催概要

  • 名 称 : 第48回ジャパンキャンピングラリー

       同時開催 秋の羽鳥湖高原健康ウォーク

  • 開催日: 2018年10月19日(金)~10月21日(日)

(天栄村大字羽鳥字高戸屋39 TEL0248-85-2552)

        羽鳥湖畔オートキャンプ場

(天栄村大字羽鳥字芝草2-4 TEL0248-85-2033)

        羽鳥湖高原交流促進センター広場

特設キャンピングカーサイト(キャンピングカーはこちら)

(天栄村大字田良尾字芝草1-3352 TEL0248-85-2122)

  • 参加費 : 大人5,000円、子ども(小学生)2,000円、未就学児無料

 参加費には下記が含まれます

  19日のミニパーティー、20日の大交流パーティーで使える大人1,500円のクーポン

  秋の羽鳥湖高原健康ウォーク参加費(昼食付き・特産の天栄長ネギをプレゼント)

  エンゼルフォレストの那須白河の「彩光の湯」の3日間フリー入浴券

  21日のモーニングサービス(地元特産「天栄米」のおにぎり、パン&牛乳・コーヒー)

  豪華キャンプ用品が当たるビンゴ大会参加費

  • サイト料 : エンゼルフォレスト那須白河・AC電源付き5,400円

 羽鳥湖畔オートキャンプ場・ノーマルサイト3,240円

 羽鳥湖高原交流促進センター広場

  特設キャンピングカーサイトAC電源付き4,320円

 

  •   内 容 : 開会式、大交流パーティー、

                                             モーニングサービス、大ビンゴ大会

          福島第一原子力発電所視察(30名様限定)

                                      参加費お一人様8,000円(昼食・夕食付き)

          詳しくは下記スケジュールをご参照下さい

  •  後援(予定):総務省、環境省、観光庁、スポーツ庁、福島県、

                                              (公社)日本観光振興協会、天栄村商工会

  •   協 力 : エンゼルフォレスト那須白河、

                                              天栄村観光商業協同組合 (株)天栄村振興公社

  •   共 催 : I&Iグループ、福島民報社、ラジオ福島、

天栄村、天栄村観光協会

  •   主 催 : 一般社団法人日本オートキャンプ協会

事務局 : 第89回FICCオートキャンプ世界大会実行委員会

             天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会内

TEL 0248-94-2232 FAX 0248-82-2105   Email 89th.ficc.rally@gmail.com

  • 申込み : 申込書に必要事項をご記入の上、FAX、Eメールで上記事務局宛にご送付ください。

 

 

第48回ジャパンキャンピングラリー

スケジュール

 

●会場は全て交流センターになります。

●エンゼルフォレスト那須白河、羽鳥湖畔オートキャンプ場へはシャトルバスがあります

●参加者には、3日間エンゼルフォレスト那須白河の彩光の湯フリー入浴券をプレゼント

●参加者1500円分金券チケットをお渡します(19日ミニパーティー、20日大交流パーティーで使用できます)。

 

 

  • 10月19日(金)

12:00 ラリー受付

16:00 開会式

17:00 ミニパーティー(地元食材のお店が出ます)

  • 10月20日(土)終日「青空マルシェ」開催(地元特産品やキャンプ用品の販売)

8:30 秋の羽鳥湖高原健康ウォーク受付(ラリー参加者は自動エントリーとなっております・参加者受付で昼食券等をお受け取りください)

9:30 開会式

10:00 ウォーキング大会出発 3kmコース・7kmコース・12kmコースの3コースがあります。

    コースごとに出発時間 が変わります。

11:30 ウォーキングゴール後、完歩証・参加賞をゴールにてお受け取りください。

        その後、天栄米のヤーコンカレーをご賞味いただきます

        解散,青空マルシェをお楽しみ下さい。

17:00 大交流パーティー((地元食材のお店が出ます)

 

 福島第一原子力発電所視察(参加費 8,000円・昼食弁当・アサヒビール園の夕食付き)

  8:30 出発

  12:00 冨岡町で昼食

  13:00 福島第一原発着

  16:30   同   発

  18:30 アサヒビール園で夕食

  21:00 羽鳥湖高原着

 

  • 10月21日(日)

7:30 モーニングサービス(参加者無料・天栄の特産天栄米でおにぎりを作ろう・おみそ汁・漬け物も・パン派の方にはパンも選べます)

8:30 閉会式

9:00 大ビンゴ大会(豪華キャンプ用品などが当たります)

11:00 解散

     

   進誠産業(株)  

 

 

 

オートキャンプ白書発表会開催

2018-07-11

 

 

 7月11日、キャンプの状況を分析した「オートキャンプ白書2018―寒くたってキャンプ-」を発表、発売開始しました。

 オートキャンプ白書は2017年オートキャンプの状況をキャンパー、キャンプ場、用品、クルマと4分野に分けて調査、分析したもので、同協会が1986年から発行しています。

 2017年は、近年人気が高まる「秋キャンプ」のシーズンに連休が少なく、また台風などの接近により天候に恵まれませんでしたが、その一方でキャンプシーズン後半の「冬キャンプ」の需要が高まりました。それを示すようにキャンプ場の利用月のデータでは11月、12月、1月、2月、3月いずれも前年を上まわり、また冬季のキャンプ用品の販売も好調だったことを示しています。

 その結果2017年に1回以上キャンプをした人の数「キャンプ参加人口」は840万人と2016年の830万人を1.2%上まわり、5年連続して前年比がプラスとなりました。こうした背景には前述の冬季の活性化の他、平日利用者の増、また大きな背景としては90年代のキャンプブームの時代に家族とキャンプを経験した団塊ジュニアの世代が中心世代として参加していることなどがあげられます。

 オートキャンプ白書の巻頭要約はこちらで見ることができます。

 

 

                           

オートキャンプ協会で働きませんか

2018-07-04

 

日本オートキャンプ協会では、新しい職員を募集しています。

イベントの開催や、広報紙の作成、事務などオートキャンプをより多くの人に伝えるための仕事です。

詳しくは下記ホームページから検索をお願いします。

ハローワーク

「第4回JAC近畿の集い」開催

2018-06-25

 梅雨晴れのさわやかな青空の下6月9日・10日の2日間、27組が集まり、兵庫県宍粟市の山崎アウトドアランドにて、「第4回JAC近畿の集い」が大阪オートキャンプ協会の協力で開催されました。

 このイベントは近畿エリアのJAC個人会員が集まる場として、また近畿エリアのキャンパーとの交流の機会として開催されているものです。

 実行委員会のメンバーを中心に準備のため前日から会場入りしましたが、激しい雷雨が深夜まで続き何も準備ができませんでした。翌日の大会当日は朝から見事な晴天。10時の受付開始に間に合うよう早朝から大慌てで準備をしました。

 みんな汗をかきながら開会式を迎え、引き続きゲストの加藤智子先生の指導で健康ストレッチ体操のイベント。今回の目玉はなんと言っても特大のキャンプファイヤ。丸太を切り積み重ねて準備OK。指導者の企画した「弓矢で着火」のセレモニーが大成功した後は、シンガーソングライターの小西叶笑さん塩垣萌子さんを招いてのコンサートで、手拍子からアンコールまで大盛り上がり。そしてこんな大きな火は初めてだと、ベテランキャンパーから指導者まで大興奮でした。

 今回のイベントでは参加者全員が少し緊張気味でした。その理由は雷雨ではなく新聞社の取材があったからです。記者の方がテント泊のキャンパーということもあり、1泊2日を通して取材が行われ、その間、キャンパーは近くに記者が来るたびに「いつ取材が来るのか・・・」という緊張の連続でした!?。(その新聞記事は下記に)

次回は来年に「第5回JAC近畿の集い」計画中です。皆さんお楽しみに。

大阪オートキャンプ協会ホームページ

 

 

 

« Older Entries

オートキャンプ情報誌


毎月最新のオートキャンプ
情報を掲載した広報誌

JACにご入会いただくと
毎月無料で発送します。
ご入会はコチラ

Copyright© 2010 一般社団法人 日本オートキャンプ協会 All Rights Reserved.