キャンプ教室を開催したい自治体・企業関係の皆様へ

JACが公認オートキャンプインストラクターを派遣、正しいキャンプで、よりよい学習体験を提供します

キャンプ初心者が急増

はじめてのキャンプに行った方が十分な準備や知識がないままテントの設置や屋外調理時間に手間取り、思い描いていたような優雅なアウトドアレジャーができず、本来のキャンプの楽しさを得られずに終わってしまうのは、非常に残念なことです。
またキャンプ場でのマナーがメディアなどにも取り上げられ広く問題になっています。焚き火の不始末で植生を傷めるような行動、生ゴミの放置で野生動物の侵入を招いたりとルールを無視したおこないで自然環境や本来の生態系が脅かされるケースが増えています。

幼少期より自然体験に学ぶことの大切さ

情操教育の観点から野外学習の重要性が言われています。一方で大人になるまで刃物の扱いを知らない、火器類に触れたことのない子供が増えているということも耳にします。

災害学習として

台風や地震など災害が頻発し、激甚化する昨今、いつどこにいても誰しも被災者にならないとも限りません。災害発生時・被災生活時の備えとしてもアウトドア活動の知識が役立つ時もあります。

公認オートキャンプインストラクターとは?

日本オートキャンプ協会が認めた個人もしくは少人数でおこなうキャンプの指導者です。主にオートキャンプ場や車を使用したキャンプを主体とした活動に関する知識と技術を習得しています。テントなどキャンプ用品に関する知識と経験、キャンピングカーやキャンプに使う自動車(RVカーやSUV他)に関する理解、キャンプ場施設やキャンプ指導に関する知識と技術(安全管理、コミュニケーション術、指導方法)を習得しています。

キャンプ教室の開催をJACがバックアップ

安心

JACのオートキャンプ指導者は全員が指導者保険に加入しているため、万が一、キャンプ教室開催中に参加者が事故などで怪我や火傷など負った場合でも補償対象となります。

ネットワーク

指導者には様々な専門知識やスキルを持った人材が在籍しています。「キャンプの始め方教室」以外にも、テントの張り方やアウトドア料理の教室。他にも、ロープワークやネイチャーゲーム、防災キャンプ教室など、要望に応じた指導者を紹介します。

特典

参加者が合計20名以上のキャンプ教室を開催できる場合には、加盟団体のキャンプ場やアウトドアメーカーからパンフレットやカタログ、サンプル品などを人数分、用意させていただきます。(ex.10名x2回開催なども可能です)

バックアップ体制

万が一、講師インストラクターが急病や事故、何らかの原因で当日、会場に辿り着けなくなった場合、JACが代替要員派遣を調整をします。

※現在は、メインとサポートの2名体制で派遣させていただいております。

その他、講師代報酬支払い時などJACが媒介となり信用を担保することも可能です。

キャンプイベント・キャンプ教室のご相談を承ります

指導者は全国各地に在籍しており、ほぼ毎月派遣している実績があります。希望する開催時期や施設(屋内でも屋外でも)、実施内容に応じて、派遣インストラクターを調整させていただきます。まずは下記まで、お気軽にお問い合わせください。

Tel:03-3357-2851
E-Mail:sakai@autocamp.or.jp
〒160-0008 東京都新宿区四谷三栄町13-2 清重ビル2F
事務局長 堺まで

■全国に広がる「公認オートキャンプ指導者インストラクター」資格者

2022年5月現在の都道府県別の現役オートキャンプ指導者の登録者数となります。

北海道53
青森県8
岩手県6
宮城県8
秋田県3
山形県2
福島県12
北海道・東北地方:92名
茨城県18
栃木県15
群馬県11
埼玉県51
千葉県43
東京都98
神奈川県63
関東地方:299名
新潟県5
富山県0
石川県9
福井県1
山梨県7
長野県6
岐阜県8
静岡県28
愛知県23
中部・北陸地方:87名
三重県10
滋賀県10
京都府5
大阪府23
兵庫県27
奈良県2
和歌山県4
近畿地方:81名
鳥取県3
島根県4
岡山県7
広島県9
山口県4
徳島県5
香川県3
愛媛県2
高知県1
中国・四国地方:38名
福岡県10
佐賀県2
長崎県1
熊本県7
大分県3
宮崎県4
鹿児島県3
沖縄県2
九州・沖縄地方:32名

■これまでの開催事例

全国各地にある生涯学習センターや公民館などでの市民向けイベントとして自治体関係者からのお問い合わせや相談の他、ショッピングモールや住宅展示場、アウトドアショップなどからワークショップなどでのご依頼をいただき、指導者を派遣しております。